【スポンサーリンク】

トレード要求のカイリー・アービング ジミー・バトラーとのプレイを希望?

オールスターポイントガードのカイリー・アービングがクリーヴランド・キャバリアーズにトレードを要求していたと報じられた。

アービングはサンアントニオ・スパーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートへのトレードを希望していると噂されているが、本命はトム・ティボドーHC率いるウルブズなのかもしれない。

ESPNによると、アービングはドラフト前からトレードを要求し、ジミー・バトラー擁するシカゴ・ブルズへのトレードを希望していたという。

そのため、デイビッド・グリフィンGMはバトラー獲得へ向けて動いたものの、バトラーは恩師ティボドーHC率いるウルブズに移籍。

このことから、アービングはウルブズへの移籍を希望していると予想できる。

また、バトラーとカール・アンソニー・タウンズはウルブズのフロントオフィスにアービング獲得を積極的に働きかけているようだ。

ウルブズはこのオフにポイントガードのジェフ・ティーグを獲得。

ティーグはFAとしてウルブズと契約したため、12月中旬までトレードで放出することができない。

つまり、アービングを獲得するのであれば、ティーグはアービングのバックアップとして起用されることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA