マリース・スペイツ マジックと1年ベテランミニマム契約

【スポンサーリンク】

FAビッグマンのマリース・スペイツが、オーランド・マジック移籍を決断した模様。

USA Todayによると、スペイツはマジックと1年のベテランミニマム契約を結んだという。

マジックには二コラ・ブーチェビッチとビスマック・ビオンボというビッグマンが在籍しているが、精度の高いアウトサイドショットを持つスペイツはマジックのオフェンスにスペーシングをもたらすだろう。

なお、昨季のスペイツはロサンゼルス・クリッパーズでレギュラーシーズン82試合に出場し、平均15.7分のプレイで8.7得点、4.5リバウンド、0.8アシスト、FG成功率44.5%、3P成功率37.2%を記録。

キャリア9年を通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、メンフィス・グリズリーズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、クリッパーズでレギュラーシーズン通算653試合に出場し、平均15.3分のプレイで7.9得点、4.2リバウンド、0.6アシスト、FG成功率46.4%、3P成功率34.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA