【スポンサーリンク】

カイリー・アービング トレード先最有力候補はウルブズ&サンズ?

オールスターポイントガードのカイリー・アービングはクリーヴランド・キャバリアーズにトレードを要求し、サンアントニオ・スパーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、マイアミ・ヒート、ニューヨーク・ニックスへの移籍を望んでいると噂されている。

だが、トレードを行使するのはキャブスであり、アービングにチームを選択する権利はない。

オールスターポイントガードを放出するのだから、キャブスはそれなりの見返りを要求するだろう。

そして、キャブスはトレード相手を2チームに絞っているのかもしれない。

ESPNによると、キャブスはアービングのトレード先最有力候補をウルブズ、およびフェニックス・サンズの2チームに絞ったという。

サンズとのトレードであれば、ポイントガードのエリック・ブレッドソーと若手有望株を求めるだろう。

一方、ウルブズとのトレードであれば、アンドリュー・ウィギンス獲得を狙う可能性があるようだ。

ウィギンスは2014年のドラフト1位指名でキャブスに入団し、ケビン・ラブを含むトレードでウルブズへ移籍。

キャリア3年を通して大きな怪我もなく、安定して成長している。

キャブスに復帰した場合、アービングに代わるスコアラーとして貢献できるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA