アディダス レフェリー問題に関して調査と謝罪

【スポンサーリンク】

アディダス主催のサマーチャンピオンシップスのゲームで、ビッグボーラーブランドAAUチームを率いたラバー・ボールは女性レフェリーに苦言を呈し、笛を吹かせないよう主張した。

アディダスはラバー・ボールの要求に応え、残りの全ゲームを男性レフェリーにコールさせるよう指示したというが、レフェリー協会はこれに激怒。

アディダスとの関係を断絶すると報じられた。

この事態に、さすがのアディダスも自らの過ちを認めたようだ。

USA TODAY Sportsによると、アディダスはレフェリーを替えるよう指示したことを認め、謝罪したという。

アディダスはラバー・ボールの息子ロンゾ・ボールとのシューズ契約を狙っていると噂されており、ご機嫌取りなのか、ラバー・ボールにテクニカルファウルをコールしないよう指示していたとも報じられている。

アディダスはこれらの件について調査を進めるとしているが、信頼を取り戻すまで時間がかかるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA