チャールズ・オークリー マディソンスクエアガーデン1年入場禁止処分へ

【スポンサーリンク】

昨季、ニューヨーク・ニックスのゲームを観戦するためにマディソンスクエアガーデンを訪れたチャールズ・オークリーは、ニックスのオーナーであるジェイムス・ドーランに対して声を荒げると、セキュリティに暴行を加えるなどし、強制退場させられた。

この問題を受け、ドーランはオークリーを出禁としたが、その後に出禁処分を解除。

だが、暴行など3つの容疑で裁判を起こされていたオークリーは、来季は少なくともマディソンスクエアガーデンの外でニックスのゲームを観戦しなければならないようだ。

ESPNによると、オークリーはマディソンスクエアガーデンへの1年間の入場禁止処分を受け入れたという。

多くのニックスファンやNBAプレイヤーはオークリーを支持していたが、オークリーが決断した以上、受け入れるしかないだろう。

なお、オークリーは現在、BIG3リーグのチームのコーチとして活動している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA