ドック・リバース ヘッドコーチ職専念へ

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCが、バスケットボール・オペレーション代表のポジションから退くようだ。

クリッパーズによると、リバースHCはバスケットボール・オペレーション代表のポジションを手放し、ヘッドコーチ職に専念するという。

後任にはローレンス・フランクが就くとされている。

クリッパーズは7年連続でプレイオフに進出するも、カンファレンス・セミファイナルの壁を越えることができていない。

このオフにはクリス・ポール、JJ・レディック、ジャマール・クロフォードの残留に失敗しただけに、これもバスケットボール・オペレーション代表のポジションを離れる理由のひとつだろう。

ヘッドコーチ職に集中できる来季は、ボストン・セルティックス時代のような指揮を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA