バイロン・スコット ヘッドコーチ職引退へ

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズを指揮した2015-16シーズンを最後に、56歳のバイロン・スコットはコーチング職から遠ざかっている。

そして、ヘッドコーチとしてNBAの舞台に立つことはもうないようだ。

スコットがNBAヘッドコーチ職の引退を発表した模様。スコットのコメントをESPNが伝えている。

「コーチは続けない。もう十分だ。引退後の生活を楽しみ、ESPNで働くよ。そうしたいし、それを続けるつもりさ」

スコットは1998年にサクラメント・キングスのアシスタントコーチに就任し、コーチデビュー。

2000-01シーズンにニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)のヘッドコーチに就任すると、その後はニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、クリーヴランド・キャバリアーズ、レイカーズのヘッドコーチを歴任した。

2008年にはコーチ・オブ・ザ・イヤーを受賞し、オールスターゲームでもヘッドコーチを2度務めた実績があるだけに、ヘッドコーチ職の引退は残念だが、余生を楽しんでもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA