スティーブ・バルマー ドック・リバースについて相談?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズは先日、ドック・リバースをバスケットボール・オペレーション部門代表の職から外し、ヘッドコーチ職に集中させると発表した。

両者合意のうえでの決定とされているが、オーナーのスティーブ・バルマーはそれ以前にリバースHCの手腕に疑問を感じていたのかもしれない。

The Los Angeles Timesによると、バルマーはリバースHCの下でプレイした元選手数人に電話をかけ、リバースHCについて相談していたという。

リバースHC率いるクリッパーズは、プレイオフには毎年進出しているものの、セカンドラウンドを突破することができていない。

さらに、このオフシーズンにはクリス・ポール、JJ・レディック、ジャマール・クロフォードがチームを離れ、ロスターの改編を余儀なくされた。

リバースHCがヘッドコーチ職に集中することにより、クリッパーズはさらなる進化を遂げることができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA