デイビッド・グリフィン「レブロン・ジェイムスはバスケ学者」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、チームのロスター編成に大きな影響力を持つと言われている。

ジェイムスが求めるプレイヤーを獲得してきたとされるキャブスだが、なぜキャブスがジェイムスの意見を取り入れてきたのか、元GMのデイビッド・グリフィンが説明した模様。グリフィンのコメントをUSA TODAY Sportsが伝えている。

「彼(ジェイムス)はコーチをしたがってない。GMをしたがってない。チャンピオンシップ勝利を求めてる男なんだ」

「レブロンはバスケットボール学者。プレイヤーについて彼と話をしなければ、仕事をしてないことになる。なぜなら、彼は我々より多くのことを知ってるからね。その観点から、彼は素晴らしいパートナーなんだ」

カイリー・アービングがトレードを要求したことにより、来季のキャブスはタイトル奪還が難しくなる可能性がある。

とはいえ、ジェイムスの影響力はいまだ大きく、ファイナル進出に十分な戦力を維持するだろう。

一方で、来年夏にFAになる可能性があるジェイムスにはロサンゼルス・レイカーズ移籍の噂があるため、ジェイムスを残留させるためにも、2017-18シーズンはキャブスにとって重要な一年となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA