サージ・イバカ「いつかは誰かが去らなきゃいけなかった」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーがファイナルに進出した2011-12シーズン当時、チームはラッセル・ウェストブルック、ケビン・デュラント、ジェイムス・ハーデンを擁していた。

だが、ハーデンはヒューストン・ロケッツへ去り、リーグを代表するスーパースターに成長。

デュラントはゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍し、悲願のチャンピオンリング獲得を果たしたわけだが、2016年オフのトレードでサンダーからオーランド・マジックへ移籍したサージ・イバカは、当時からサンダーの解体を危惧していたようだ。イバカのコメントをThe Verticalが伝えている。

「(サンダー解体について)これはバスケットボールであり、ビジネスだ。だけど、こんなに早く訪れるとは思ってなかった。分かってると思うけど、いつかは誰かが去らなきゃいけなかったんだ」

「(デュラントは)ハッピーになるために決断を下した。OKCファンがそれを理解するのはタフなことだと思う。ジェイムスがOKCに留まっていたら、今のジェイムスはいなかっただろう。彼はベンチプレイヤーだった。ラッセルやケビンのようなプレイヤーが同じチームにいたからね。(残留していたら)彼はグッドプレイヤーのままだっただろう。だけど、今の彼は違うんだ」

結果だけを見れば、ハーデンとデュラントのサンダー離脱は、彼らにとって成功だったと言えるだろう。

一方、サンダーに残留したウェストブルックも、史上二人目となる平均スタッツでトリプルダブルを達成し、歴史に名を刻んだ。

経験を積んだ彼らが再び結集すれば、恐ろしいチームになるだろう。

その可能性は限りなく低いであろうが、一度は見てみたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA