エリック・スポエストラHC「私はパット・ライリーの弟子」

【スポンサーリンク】

昨季のマイアミ・ヒートは開幕ダッシュにつまずいたものの、シーズン後半になると急激に巻き返し、プレイオフ進出寸前まで迫った。

驚くようなシーズン後半を送ったヒートだが、エリック・スポエストラHCの手腕によるところも大きいだろう。

そのスポエストラHCはヒートの球団社長として働くことを夢見ているようだ。スポエストラHCのコメントをThe Verticalが伝えている。

「一言で答えるなら、(球団社長に)なりたい。私はパット・ライリーの弟子。前から言ってるように、彼はいつも私の背中を押してくれるし、次のステップのために私を育ててくれてるんだ」

「パット。彼にはもうしばらく(球団社長を」続けてほしい。コーチしてた頃より今の彼は若いんじゃないかな。彼は夢追い人だからね」

ライリーは昨年、ヒートと5年契約を結んだ。

そのため、スポエストラHCが球団社長に就任できるのは、少なくとも4年後ということになるだろう。

その前に、ライリーと共にヒートをもう一度リーグの頂点に導きたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA