バックス ヤニス・アンテトクンポのトレードの可能性はゼロ?

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズにトレードを要求したカイリー・アービングには、NBA20チームが興味を持っていると報じられている。

若手有望株を豊富に揃えるミルウォーキー・バックスのそのひとつだ。

だが、カイリー・アービングだけでなく、来年夏にはレブロン・ジェイムスの離脱リスクを抱えるキャブスは、キャブスを長く牽引できるプレイヤー獲得を求めており、その要求にバックスは応じないようだ。

slamonline.comによると、キャブスはアービングのトレードでヤニス・アンテトクンポの獲得を求めたようだが、バックスはこれを拒否したという。

トロント・ラプターズに続き、バックスもアービング獲得レースから離脱することになるだろう。

なお、キャブスがアービングのトレード交渉を本格化させるのは9月からとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA