スコッティ・ピッペン ジミー・バトラーについて「良いリーダーじゃなかった」

【スポンサーリンク】

このオフのトレードでシカゴ・ブルズからミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍したジミー・バトラーには、リーダーとしての役割も期待されている。

ウルブズはアンドリュー・ウィギンスやカール・アンソニー・タウンズなど若手有望株を豊富に揃えているだけに、バトラーのリーダーシップは若手プレイヤーたちの成長にもつながるだろう。

だが、バトラーのリーダーシップに疑問を感じている者も多い。

ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、ブルズ時代のバトラーについて次のように指摘。ESPNが伝えている。

「スーパースターが見せるリーダーシップを、彼は見せてなかったと思う。ロッカールームではたくさんの議論があった。その中で、ジミーはヘッドコーチやアシスタントコーチを軽視してた。ベストプレイヤーに期待されるリーダーシップを、彼は見せてなかったんだ」

また、元スタープレイヤーのアントワン・ウォーカーもバトラーを「ヤングガイキラー」、「バッド・ロッカールーム・ガイ」と批判。

コーチングスタッフや若手プレイヤーに対する悪態は何度が報じられたが、現在のウルブズを指揮しているのはかつての恩師であるトム・ティボドーだ。

ティボドーHCの下、真のリーダーシップを身に付けてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA