ジェイソン・テイタム「カイリー・アービングはこのリーグのスーパースター」

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスとクリーヴランド・キャバリアーズの間でトレードが成立し、セルティックスはアイザイア・トーマス、ジェイ・クラウダー、アンテ・ジジッチ、2018ドラフト1巡目指名権と引き換えに、オールスターポイントガードのカイリー・アービングを獲得した。

キャブスはこのトレードでルーキーのジェイソン・テイタム獲得を狙っていたようだが、セルティックスはこれを拒否。

セルティックスに残留したテイタムは、アービングとタッグを組むことになる。

間もなくプロデビューを果たすテイタムは、アービングとのプレイを心待ちにしているようだ。テイタムのコメントをESPNが伝えている。

「(アービングとのプレイは)すごく楽しいものになるだろうね。彼は素晴らしいプレイヤー。このリーグのスーパースターさ」

「(トレードのニュースを)テレビで見た。ファンのみんなと同じように、俺も衝撃を受けたよ。みんなと同じように、俺にとってもサプライズだった。トレードの噂には俺の名前も挙がってたし、どうなるか分からなかった。NBAではまだプレイしてない。大学から来たばかり。トレードにどう向き合えば良いのか分からない。ただ、自分の名前が出てた時は『ワオ』という感じだった」

同じエージェントを雇っているテイタムとアービングは、この夏に共にバハマへ旅行したという。

トレード成立後、アービングはテイタムにメールを送り、共にプレイすることを楽しみにしていると伝えたようだ。

これからのセルティックスはアービングとテイタムを中心としたチームに生まれ変わり、タイトル獲得を根差すことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA