キャブス カイリー・アービングのトレードでドラフト指名権をもうひとつ要求か?

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズは先日、ボストン・セルティックスとのトレードでカイリー・アービングを放出し、アイザイア・トーマス、ジェイ・クラウダー、アンテ・ジジッチ、ドラフト1巡目指名権を獲得した。

だが、トーマスの健康状態が問題となっており、トーマスがキャブスのフィジカルテストにクリアすることができなければ、このトレードは不成立に終わる可能性がある。

トレードを成立させるためにキャブスはセルティックスにさならる補償を求めているとされるが、その補償はドラフト指名権である可能性が高いようだ。

ESPNによると、キャブスはジェイレン・ブラウンもしくはジェイソン・テイタムをトレードに含めるよう求めるとしていれるものの、セルティックスがこれに応じる可能性は極めて低く、将来のドラフト1巡目指名権で手を打つ可能性があるという。

果たしてこのトレードは成立するのだろうか。

なお、タイムリミットは日本時間9月1日となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA