マジック・ジョンソン「ジョーダン・クラークソンはより大きな役割を担うだろう」

【スポンサーリンク】

古豪復活を狙うロサンゼルス・レイカーズは、このオフにディアンジェロ・ラッセルとティモフェイ・モズコフらを放出するも、ロンゾ・ボールやブルック・ロペス、ケンタビアス・カルドウェル・ポープの獲得に成功した。

ブランドン・イングラムやジュリアス・ランドル、ラリー・ナンスJrなど将来有望な若手も育ちつつあるレイカーズだが、マジック・ジョンソン球団社長はシックスマンのジョーダン・クラークソンに大きな期待を寄せているようだ。ジョンソン球団社長のコメントをthescore.comが伝えている。

「今季、我々のチームをさらに良くするため、彼(クラークソン)はより大きな役割を担うことになるだろう。我々は彼の周りに武器を置いたと思ってる。彼のゲームをより良くするためにね」

「彼にはチャレンジを与えてる。シックスマン・オブ・ザ・イヤーになってもらいたいから。そういうプレイをするよう、彼に要求してる。彼にはポテンシャルと才能がある。この夏はハードにトレーニングしてるよ」

コートビジョンに優れたロンゾ・ボールを獲得したことにより、クラークソンのランニングオフェンスはさらに効果的になるだろう。

一時はトレードの噂も出ていたクラークソンだが、レイカーズにとって重要なプレイヤーであることを証明し、チームを再建に導いてもらいたい。

なお、昨季のクラークソンは82試合に出場し、平均29.2分のプレイで14.7得点、3.0リバウンド(キャリアワースト)、2.6アシスト、1.1スティール、FG成功率44.5%、3P成功率32.9%を記録。

キャリア3年を通してレギュラーシーズン通算220試合に出場し、平均29.2分のプレイで14.2得点、3.4リバウンド、2.8アシスト、1.0スティール、FG成功率44.1%、3P成功率33.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA