スティーブ・ナッシュ「シュートを打つことにもう興味はない」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズでプレイした2013-14シーズンを最後に現役を退いたスティーブ・ナッシュ。

最近ではBIG3リーグなどで現役復帰を果たす元NBAプレイヤーも多いが、ナッシュはバスケットボール自体への興味を失ってしまったのかもしれない。

現役復帰について質問されたナッシュは次のように返答。Bleacher Reportが伝えている。

「どこかで私の前にボールが転がってくるようなことがあれば、拾ってシュートを打つだろうね。だけど、シュートを打つ目的でどこかに行くということは絶対にない。本当にもう興味がないんだ。今でもゲームが好きだし、その一部でいたい。自分自身の道に従うだけさ」

将来的にはBIG3リーグなどで現役復帰する可能性もありそうだが、長く厳しい現役生活を続けてきただけに、まだゆっくりとした時間を過ごしたいのだろう。

とはいえ、いつの日かコートでプレイするナッシュの姿を見たいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA