飲酒運転容疑のデレック・フィッシャー 罪を認める

【スポンサーリンク】

元ニューヨーク・ニックスHCのデレック・フィッシャーは今年6月、高速道路を運転した際に事故を起こした。

その際に飲酒運転の容疑もかけられ、起訴されたフィッシャー。

当初は無罪を主張していたものの、自身の罪をついに認めたようだ。

TMZ Sportsによると、フィッシャーは飲酒運転の罪を認めたという。

フィッシャーには執行猶予期間が設けられ、アルコール教育と100時間の地域奉仕活動の義務が科せられる。

事故を起こした当時、助手席にはマット・バーンズの元妻であり、現在はフィッシャーのガールフレンドであるグロリア・ゴバンが同乗していた。

バーンズに殴られたり、ニックスから解雇されたり、飲酒運転で交通事故を起こしたりとここ数年は散々なフィッシャーだが、いつの日かコーチとしてコートに戻ってきてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA