クリスタプス・ポルジンギス「来季はオールスターになる」

【スポンサーリンク】

シーズン終了後のミーティングを無断欠席し、一時はトレードの噂が浮上したクリスタプス・ポルジンギスだったが、フィル・ジャクソン球団社長が解雇されたことにより、トレードの噂は一掃された。

ニューヨーク・ニックスはカーメロ・アンソニーのトレードを計画しており、もしこのトレードが成立すれば、ニックスはポルジンギス中心のチームとして生まれ変わることになるだろう。

ポルジンギスもさらなるステップアップを求め、キャリア初となるオールスター選出を狙う構えだ。

ポルジンギスは先日、SNS上に「来季はオールスターになることを思い描いている」とのコメントを投稿した。

アンソニーがニックスを去ることになれば、ポルジンギスにボールが託されるケースが増加するのは間違いない。

そのチャンスをいかし、オールスターへのステップアップにつなげてもらいたいところだ。

なお、昨季のポルジンギスはレギュラーシーズン66試合に出場し、平均32.8分のプレイで18.1得点、7.2リバウンド、1.5アシスト、2.0ブロックショット、FG成功率45.0%、3P成功率35.7%を記録。

ルーキーだった2015-16シーズンは72試合に出場し、平均28.4分のプレイで14.3得点、7.3リバウンド、1.3アシスト、1.9ブロックショット、FG成功率42.1%、3P成功率33.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA