ゴードン・ヘイワード「カイリー・アービングに勧誘されたことがある」

【スポンサーリンク】

オールスターポイントガードのカイリー・アービングは、先日のトレードでボストン・セルティックスへ移籍した。

レブロン・ジェイムスの影になるのを嫌い、チームの中心としてより自分を高めるためにトレードを要求したアービング。

セルティックスではオールスターフォワードのゴードン・ヘイワードとタッグを組むことになるが、アービングは以前からヘイワードと共にプレイしたかったのかもしれない。

ヘイワードは制限付きFAだった当時にクリーヴランドを訪れた際のことを振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「制限付きFAだっ時にクリーヴランドを訪れたんだけど、その時にカイリーが俺のところにきて『君がチームにいてくれたらどれほど楽しいだろう』と言ってくれたんだ。勧誘だよね。それからレブロンが復帰して、すべてがなくなった。だけど、一周して戻ってきたんだ。今、俺たちはここにいる」

制限付きFAだった当時、シャーロット・ホーネッツがヘイワードにオファーを出したが、ユタ・ジャズはこれにマッチし、ヘイワードはジャズを代表するスタープレイヤーとなった。

キャブスがオファーを出していたとしても結果は同じだっただろうが、アービングはキャブスで、ヘイワードはジャズで経験を積み、オールスタープレイヤーとなったのだ。

ようやく同じチームでプレイする二人には、セルティックスのさらなるステップアップに貢献してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA