バックス ジェイソン・テリーと再契約か?

【スポンサーリンク】

今月中に40歳になる大ベテランのジェイソン・テリーは、2017-18シーズンもミルウォーキー・バックスの一員としてプレイすることになるかもしれない。

バックスは先日、ベテランビッグマンのスペンサー・ホーズを解雇。

Clutch Pointsによると、ホーズの解雇で生まれた250万ドルをテリーとの再契約に使用する見込みだという。

バックスにはヤニス・アンテトクンポやジャバリ・パーカー、マルコム・ブログドン、ソン・メイカーといった将来有望な若手プレイヤーが揃っているが、彼らはもちろん、チームもテリーに絶大なる信頼を置いているのだろう。

また、ジェイソン・キッドHCとはチームメイトとして共にプレイしたこともあり、キッドHCにとっても大切な存在であるのは間違いない。

プレイングタイムは減少することが予想されるものの、良きメンターとして若手プレイヤーたちを導いてもらいたいところだ。

なお、昨季のテリーはバックスでレギュラーシーズン74試合に出場し、平均18.4分のプレイで4.1得点(キャリアワースト)、1.4リバウンド、1.3アシスト(キャリアワースト)、0.6スティール、FG成功率43.2%、3P成功率42.7%を記録。

キャリア18年を通してアトランタ・ホークス、ダラス・マーベリックス、ボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツ、ヒューストン・ロケッツ、バックスでレギュラーシーズン通算1359試合に出場し、平均30.3分のプレイで13.8得点、2.4リバウンド、3.9アシスト、1.1スティール、FG成功率44.4%、3P成功率38.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA