復帰を目指すロドニー・スタッキー 複数のチームを訪問か?

【スポンサーリンク】

ロドニー・スタッキーは昨季途中、左膝の負傷で戦線離脱すると、所属するインディアナ・ペイサーズから解雇を言い渡された。

その後リハビリとトレーニングを続け、完全復活を目指しているスタッキーが、その一歩を踏み出す模様。

The Verticalによると、所属先を探しているスタッキーは、複数のNBAチームを訪問する予定だという。

左膝はすでに完治し、この夏はトレーニングに時間を費やしたというスタッキー。

現在31歳のスタッキーはこれからキャリア終盤を迎えるだけに、早めに所属チームを決め、自身のパフォーマンスを取り戻したいところだろう。

なお、昨季のスタッキーはペイサーズでレギュラーシーズン39試合に出場し、平均17.8分のプレイで7.2得点(キャリアワースト)、2.2リバウンド(キャリアワースト)、2.2アシスト、0.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率37.3%(キャリアワースト)、3P成功率31.7%を記録。

キャリア10シーズンを通してデトロイト・ピストンズとペイサーズでレギュラーシーズン通算651試合に出場し、平均27.5%のプレイで12.6得点、2.9リバウンド、3.6アシスト、0.9スティール、FG成功率42.3%、3P成功率30.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA