スティーブ・カーHC「最大のチャレンジは満足感」

【スポンサーリンク】

タイトル奪還に成功したゴールデンステイト・ウォリアーズは、ケビン・デュラント、ステフィン・カリー、アンドレ・イグダーラなど主力陣の残留に成功したうえ、ニック・ヤングとオムリ・カスピを新たに加え、完璧なロスターを作り上げた。

連覇へ向けて万全の状態を整えたウォリアーズだが、スティーブ・カーHCに安心感はない。

カーHCはウォリアーズの問題について次のように指摘。The Athleticが伝えている。

「最大のチャレンジは満足感。我々は3年連続でファイナルに進出した。ショーン(・リビングストン)、アンドレ、ステフ、クレイ(・トンプソン)、ドレイモンド(・グリーン)は長く一緒にいるコアグループ。このリーグにおいて、その優勢を失うことはできない」

「人間は成功すると警戒を少し緩めてしまうものさ。我々はそれに気づかないといけない。バランスを見つけないといけないんだ。我々は常にバランスについて話をしてる。我々の鋭さとペースを維持することが必要だ。じゃあ、どうすればいい?それがスタッフとしての我々の仕事さ」

完璧なロスターを手にしたウォリアーズは、間違いなくタイトル獲得筆頭候補となるだろう。

打倒ウォリアーズへ向け、各チームは補強を続けているものの、慢心がないカーHC率いるウォリアーズ政権はしばらく続くことになりそうだ。

なお、ウォリアーズは2017-18シーズン開幕戦でヒューストン・ロケッツと対戦する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA