ラバー・ボール「チャールズ・バークレーは50歳になっておかしくなった」

【スポンサーリンク】

ラバー・ボールとチャールズ・バークレーは犬猿の仲とされている。

これまで口論を繰り返し、互いにディスりあっている両者だが、ボールがバークレーのファンだった過去を明かした模様。

ボールはバークレーについて次のように言及。UPROXXが伝えている。

「(バークレーは)俺のお気に入りの男だった。だけど、彼は50歳になってからおかしなトークを始めるようになったんだ。OKさ。彼が変わってしまったことを俺は分かってるからね」

「彼は何も勝ち取ってない。チャンピオンシップもない。だけど、彼は俺のお気に入りの男だった。強かったし、リバウンドも奪ってた。がむしゃらにプレイして、彼が持つすべてを捧げたんだ」

「マイケル・ジョーダン。彼は俺にとって細すぎた。チャールズは俺のように分厚かった。動けたし、ジャンプできたし、強かったし、重かった。彼のゲームが好きだった」

バークレーとの和解を求めているようにも思えるボール。

とはいえ、「50歳になっておかしなトークを始めるようになった」と言われたバークレーは、反撃のチャンスを虎視眈々と狙っていることだろう。

一度で良いから両者の1on1の対決を見てみたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA