ネイト・ロビンソン ウルブズと契約?

【スポンサーリンク】

ベテランポイントガードのネイト・ロビンソンは、ニューオーリンズ・ペリカンズでプレイした2015-16シーズンを最後にNBAの舞台でプレイしていない。

NBA復帰へ向けてトレーニングを続けているロビンソンだが、ようやくその努力が報われることになるかもしれない。

ロビンソンは先日、ウルブズのワークアウトに参加。

この夏にウルブズに移籍したジャマール・クロフォードと共に移った写真をSNSにアップした。

ウルブズはポイントガードのポジションが薄く、現在はジェフ・ティーグとタイアス・ジョーンズのみ。

ウルブズのトム・ティボドーHCはシカゴ・ブルズ時代にロビンソンを指導した経験(2012-13)があるため、環境としても申し分ないだろう。

ロビンソンがウルブズと契約した場合、第3のポイントガードとして起用される見込みだ。

なお、ロビンソンはキャリア11年を通してニューヨーク・ニックス、ボストン・セルティックス、オクラホマシティ・サンダー、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ブルズ、デンバー・ナゲッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ペリカンズでレギュラーシーズン通算618試合に出場し、平均22.5分のプレイで11.0得点、2.3リバウンド、3.0アシスト、0.9スティール、FG成功率42.3%、3P成功率36.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA