アル・ジェファーソン ダイエットでキャリア復活へ

【スポンサーリンク】

アル・ジェファーソンの出場機会はここ数年で減少の一途をたどっており、インディアナ・ペイサーズに移籍した昨季は激減した。

そのジェファーソンが、この夏にダイエットに取り組んだようだ。

ジェファーソンは先日、公の場に姿を現し、インタビューに応じた。

その写真がTwitter上にアップされたのだが、明らかに痩せているのが分かる。

ポール・ジョージをトレードで放出したペイサーズは再建期に入る可能性があるが、ダイエットに成功したジェファーソンにとっても復活をかけたシーズンとなるだろう。

なお、昨季のジェファーソンはレギュラーシーズン66試合に出場し、平均14.1分のプレイで8.1得点、4.2リバウンド(キャリアワースト)、0.9アシスト、0.2ブロックショット(キャリアワースト)、FG成功率49.9%、フリースロー成功率76.5%を記録。

キャリア13年を通してボストン・セルティックス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ユタ・ジャズ、シャーロット・ホーネッツ、ペイサーズでレギュラーシーズン通算879試合に出場し、平均29.4分のプレイで16.0得点、8.6リバウンド、1.5アシスト、1.2ブロックショット、FG成功率49.9%、フリースロー成功率70.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA