アーロン・ブルックス ウルブズと契約

【スポンサーリンク】

昨季をインディアナ・ペイサーズで送ったアーロン・ブルックスが、再びトム・ティボドーHCの下でプレイすることになった模様。

ウルブズはFAポイントガードのブルックスと契約したことを発表した。

ブルックスはシカゴ・ブルズ時代にティボドーHCの下でプレイした経験があるため、ウルブズのシステムにスムーズにフィットできるだろう。

また、ブルズ時代のチームメイトであるジミー・バトラーとタージ・ギブソンもウルブズに移籍したことにより、ティボドーHCのカラーがさらに色濃く反映されることになりそうだ。

ティボドーHCはジェフ・ティーグを先発ポイントガードとして起用する見込みであり、ブルックスはバックアップポイントとしてタイアス・ジョーンズと出場機会を争うことになるだろう。

なお、昨季のブルックスはペイサーズで65試合に出場し、平均13.8分のプレイで5.0得点(キャリアワースト)、1.1リバウンド(キャリアワーストタイ)、1.9アシスト、FG成功率40.3%、3P成功率37.5%を記録。

NBAキャリア9年を通してヒューストン・ロケッツ、フェニックス・サンズ、サクラメント・キングス、デンバー・ナゲッツ、ブルズ、ペイサーズでレギュラーシーズン通算613試合に出場し、平均21.6分のプレイで10.1得点、1.7リバウンド、3.1アシスト、FG成功率41.3%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA