ケビン・デュラント「ステフィン・カリーとの関係が悪くなることはない」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントは先日、アンダーアーマーについて「誰も履いてプレイしたくない」と発言した。

これに対し、チームメイトであり、アンダーアーマーを代表するスーパースターのステフィン・カリーは「それは事実じゃない」とし、デュラントの発言を否定。

両者の関係が気になるところだが、この発言が関係悪化につながることはないようだ。

この件についてカリーと話し合ったというデュラントは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺があの発言をしたとき、俺たちは決して悪い関係にならなかった。何も修復する必要はなかったのさ。俺とステフは、あのことについて話し合った。理解したよ。俺たちは前に進む」

「俺たちはウォリアーズ。みんなは俺たちをバラバラにする方法を探してる。だから、あんな方法を使うのさ」

これをもち、デュラントのアンダーアーマー批判騒動はひと段落となるだろう。

とはいえ、アンダーアーマーとそのファンを敵に回したのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA