カーメロ・アンソニー サンダーへトレード!

【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニーのトレードがついに実現するようだ。

ESPNによると、ニューヨーク・ニックスとオクラホマシティ・サンダーの間でトレードが合意に達し、サンダーはアンソニーを獲得。

代わりにエネス・カンター、ダグ・マクダーモット、シカゴ・ブルズ保有の2018年ドラフト2巡目指名権をニックスへ放出するという。

アンソニーはトレード拒否権を有しているが、週明けにトレード拒否権を破棄する予定だ。

これにより、サンダーは昨季MVPのラッセル・ウェストブルック、オールスターフォワードのポール・ジョージ、そしてアンソニーのビッグ3を手にすることになる。

ウェストブルックとジョージはリーグトップクラスのスコアリング能力を有しているため、アンソニーとのケミストリーが気になるところだが、そこはビリー・ドノバンHCの腕の見せ所だろう。

なお、アンソニーはヒューストン・ロケッツへのトレードを希望していたものの、このトレードはなかなか合意に達することができず、クリーヴランド・キャバリアーズとサンダーも移籍先リストに加えていた。

自身初のチャンピオンリング獲得へ向け、新天地での復活と活躍を期待したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    サンダーが獲得するのはメロだけですよ。
    ブルズの2巡目ドラフト指名権を出すのはサンダーです。

*

CAPTCHA