トランプ大統領 ステフィン・カリーのホワイトハウス訪問拒否発言で招待撤回へ

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは先日、チャンピオンチームの恒例行事となっているホワイトハウス訪問について「チーム全員で話し合って決める」と明かした。

だが、その直後にステフィン・カリーが「行きたくない」と発言。

これにドナルト・トランプ大統領はおかんむりなのかもしれない。

カリーの発言を受け、トランプ大統領はTwitter上でウォリアーズへの招待状を破棄することを表明した。

「ホワイトハウス訪問はチャンピオンチームにとってすごく名誉なこととして受け取られてる。ステフィン・カリーはそれを嫌がってる。だから招待状は取り下げる!」

カリーの発言には多くのNBA関係者が肯定の考えを明かしており、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは「ステフィン・カリーは行かないと言った。それで招待されなくなった。ホワイトハウス訪問はすごく名誉なこと。君(トランプ大統領)が現れるまではね」と皮肉たっぷり。

カーHCは「我々が彼(トランプ大統領)と道を分かつことができた前に、彼は我々と別れることにした」と指摘している。

また、NBPAのミシェル・ロバーツ代表は「ステフ、この招待状取り下げは名誉の象徴として捉えてください!」とカリーを擁護した。

これにより、トランプ大統領とNBAの間に生じた溝はさらに深くなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA