ラッセル・ウェストブルック 右膝PRP注射でトレーニングキャンプ序盤不参加

【スポンサーリンク】

昨季のMVPプレイヤーであるオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが、トレーニングキャンプに遅れて参加することになる模様

ESPNによると、ウェストブルックは右膝にPRP注射を受け、トレーニングキャンプ最初の二日間は参加を見合わせる予定だという。

過去に右膝の半月板を断裂し、手術を2度受けたウェストブルック。

それゆえに右膝の状態が気になるところだが、サンダーのサム・プレスティGMは「重大な問題は何もない」としているようだ。

サンダーはこのオフのトレードでオールスターフォワードのポール・ジョージを獲得し、2017-18シーズンはウェストブルックとジョージを中心としたオフェンスを展開する見込み。

ウェストブルックは右膝に問題を抱えているものの、ジョージの加入はウェストブルックの負担軽減につながるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA