ドウェイン・ウェイド ブルズと契約バイアウトで合意

【スポンサーリンク】

ベテランガードのドウェイン・ウェイドが、2017-18シーズンはシカゴ・ブルズのユニフォームを着ないことがほぼ確定したようだ。

The Chicago Tribuneによると、ウェイドはブルズと契約バイアウトで合意したという。

このバイアウトにより、ブルズは若手中心のチームとして本格的に再建していくことになるだろう。

気になるウェイドの移籍先だが、現時点では盟友レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズ、グレッグ・ポポビッチHCが指揮するサンアントニオ・スパーズ、古巣マイアミ・ヒートが最有力候補とされている。

また、このオフのトレードでポール・ジョージとカーメロ・アンソニーを獲得したオクラホマシティ・サンダーへの移籍も噂されているようだ。

果たしてウェイドはどのチームのユニフォームを着て2017-18シーズンを迎えることになるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA