カーメロ・アンソニー「4番でのプレイでも問題ない」

【スポンサーリンク】

先日のトレードでオクラホマシティ・サンダーに移籍したカーメロ・アンソニー。

サンダーはこのオフにポール・ジョージも獲得したが、アンソニーとジョージが同時出場する場合、どちらが4番のポジションでプレイすることになるのだろうか。

どちらも4番のポジションでプレイしたことがあるため、大きな問題とはならないだろうが、アンソニーは自身が4番でプレイしたほうがチームにとって良いと考えているようだ。アンソニーのコメントをESPNが伝えている。

「4番でのプレイでも問題ない。実際に好きだし、受け入れるよ。このチームにとっては、そのほうが良いだろうね」

「キャリアのほとんどにおいて、4番でプレイしてる。デンバー(・ナゲッツ)の時もね。スモールボールの時は4番でプレイし、ペースを掴んだんだ」

インディアナ・ペイサーズがスモールバスケットボールを取り入れた際、ジョージは4番のポジションにコンバートされた。

だが、ジョージは4番でのプレイに不快感を示したことから、サンダーでは3番のポジションでプレイすることになるだろう。

いずれにせよ、アンソニーとジョージの加入で強力なラインアップが完成したのは間違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA