フィル・ジャクソン カーメロ・アンソニーのトレードを最後まで推す

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスの球団社長を務めていたフィル・ジャクソンとカーメロ・アンソニーの間の確執が高まったことにより、ニックスはジャクソンを解雇した。

ジャクソンの解雇により、アンソニーのトレード計画は一度白紙に戻されると思われたが、アンソニーはトレードによる他チーム移籍を求め続け、ようやくオクラホマシティ・サンダーへのトレード移籍が実現。

ニックスは即戦力のダグ・マクダーモットとエネス・カンターの獲得に成功したわけだが、ジャクソンは球団から解雇されたにもかかわらず、最後までアンソニーのトレードに関与していたのかもしれない。

ジャクソンはTwitterで次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「オクラホマシティとニューヨークのトレードについてコメントするためにここにいる。両チームがうまくいくことを願ってる。私はPRするためにここにいる」

そうツイートしたジャクソンだったが、このツイートはなぜか削除。

アンソニーの将来を願っての言動だったのか、それともニックスの将来を願っての言動だったのかは分からない。

いずれにせよ、タイトル獲得の可能性があるサンダーへの移籍は、アンソニーにとって大きなモチベーションとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA