カーメロ・アンソニー「ポール・ジョージとキャブスにいる予定だった」

【PR】

このオフのトレードで、ポール・ジョージとカーメロ・アンソニーは揃ってオクラホマシティ・サンダーに移籍した。

だが、ジョージとアンソニーはレブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズで合流した可能性があったようだ。

インディアナ・ペイサーズは、デンバー・ナゲッツを含めた3チーム間トレードでジョージをキャブスへ放出する計画を立て、合意直前までいくも頓挫。

また、ニックスもキャブスにトレードを持ち掛け、アンソニーはキャブスへ移籍するものと思っていたという。

当時を振り返ったアンソニーは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺とPGは本当に親しい友情関係を築いてる。おもしろいよね。だって、俺とPGはドラフトの夜にクリーヴランドにいる予定だったから。俺たちはそれについて情報交換してたんだ。実際に取引は進んでたけど、ドラフトの夜に取り消されたのさ」

キャブスでの合流はならなかったものの、昨季MVPのラッセル・ウェストブルック率いるサンダーで合流したアンソニーとジョージ。

この3人を中心としたサンダーは、ウェスタン・カンファレンスにおいて脅威のチームとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】