【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギス「4番のポジションのほうがいい」

昨季のニューヨーク・ニックスは、スモールラインアップで戦う際にはクリスタプス・ポルジンギスを5番のポジションで起用することがあった。

だが、このオフのトレードでビッグマンのエネス・カンターを獲得したため、ポルジンギスは4番のポジションに専念できるようだ。

ポルジンギスは4番のポジションでのプレイについて次のようにコメント。the Daily Newsが伝えている。

「俺たちにとって、俺にとって4番のほうがいいと思う。特にシュートがない4番のプレイヤーにマッチアップする時、俺にはたくさんのことができる。5番のプレイヤーにマッチアップする時、俺はビッグマンと何度も戦わないといけないし、体力を浪費してしまう。オフェンスにおいては、俺がセンターのポジションでプレイすればアドバンテージを得られると思うよ。だけど、4番のほうが快適にプレイできるんだ」

「通常、4番は(5番より)小さい。俺なら彼らの上から簡単にシュートを打てる。シュートがないパワーフォワードのプレイヤーにマッチアップする場合、俺はリング下でディフェンスできるよね。そうしたいんだ」

近年はスモールバスケットボールが主流となっており4番のポジションでプレイする選手も小型化している。

それゆえ、アウトサイドショットがあるビッグマンのポルジンギスが4番のポジションでプレイすれば、アドバンテージを得られるケースも増えるだろう。

ニックスの再建にはポルジンギスのさらなるステップアップが欠かせない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA