CJ・マッコラム 中国のリーニンと複数年契約

【スポンサーリンク】

ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムが、ドウェイン・ウェイドとシューズメーカーファミリーになったようだ。

thescore.comによると、マッコラムは中国ブランドのリーニンと複数年のシューズ契約を結んだという。

契約の具体的な内容は明かされておらず、またマッコラムのシグネチャーバッシュが開発される予定も分かっていない。

マッコラムはルーキーシーズンからの4年間、トップブランドであるナイキと契約していたが、中国ブランドとの契約に変更。

マッコラムによると、リーニンと契約しているドウェイン・ウェイドやエバン・ターナーとここ数カ月にわたって話をし、リーニンの方針に賛同したようだ。

ウェイドやターナーと共にリーニンのさらなる発展に貢献したいと語るマッコラム。

ダミアン・リラードと共にブレイザーズを牽引し、さらなる成長を期待したい。

なお、昨季のマッコラムはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均35.0分のプレイで23.0得点(キャリアハイ)、3.6リバウンド(キャリアハイ)、3.6アシスト、0.9スティール、FG成功率48.0%(キャリアハイ)、3P成功率42.1%(キャリアハイ)を記録。

キャリア4年ではレギュラーシーズン通算260試合に出場し、平均27.0分のプレイで15.9得点、2.6リバウンド、2.8アシスト、0.9スティール、FG成功率45.9%、3P成功率41.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA