アイザイア・トーマス「ダニー・エインジとは話さないかも」

【スポンサーリンク】

このオフのトレードでクリーヴランド・キャバリアーズに移籍したアイザイア・トーマスは、ボストン・セルティックスでの2シーズン半でオールスタープレイヤーに成長し、リーグを代表するスタープレイヤーのひとりになった。

だが、セルティックスのダニー・エインジGMはトーマスをトレードで放出し、オールスターポイントガードのカイリー・アービング獲得を決断。

セルティックスに貢献してきたトーマスにとって、このトレードは裏切り行為とも言えるかもしれない。

トレードを振り返ったトーマスは次のようにコメント。Sports Illustratedが伝えている。

「ボストンのことは愛し続けるだろうね。ただ、ダニーとはもう話をしないかもしれない。他のみんなとは話すだろう。でも、彼がやったこと。あれは正しくない」

「1年か2年後、『我々は過ちを犯してしまった』と言わせてみせるよ」

「ボストンは良いチームになるだろう。彼らには本当に良いプレイヤーと素晴らしいコーチがいる。ただ、彼らはたくさんのハートとソウルを失ってしまったのさ」

セルティックスはアービングの他、オールスターフォワードのゴードン・ヘイワードも獲得。

さらに今年のドラフトでは期待のルーキーであるジェイソン・テイタムの獲得に成功した。

昨季とは全く異なるロスターとなったセルティックスは、どこまで勝ち進むことができるのだろうか。

一方、タレントチームであるキャブスに移籍したトーマスにとって、セルティックスは絶対に負けられないチームのひとつとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA