【スポンサーリンク】

JR・スミス「セルティックスは大きな脅威とはならない」

昨季のカンファレンスファイナルでクリーヴランド・キャバリアーズに敗れたボストン・セルティックスは、オフシーズン中に多くの主力プレイヤーを放出し、代わりにカイリー・アービングとゴードン・ヘイワードを獲得した。

ロスターを再編成したセルティックスは昨季以上の成績を残し、キャブスを上回ることができるのだろうか。

JR・スミスに言わせると、その答えは「ノー」だ。

新生セルティックスについて質問されたスミスは、次のように返答。slamonline.comが伝えている。

「彼らにはカイリーがいるけど、昨季はアイザイア(・トーマス)がいたよね。エイブリー(・ブラッドリー)とゴードン(・ヘイワード)は、明らかにコートに違うものをもたらす。ゴードンはより優れたオフェンシブプレイヤーだけど、エイブリーはより良いディフェンダーなんだ」

「彼ら(セルティックス)は同じだと思う。同じチームという意味じゃないよ。違うジャージーを着た違う人間がいるからね。ただ、彼らは俺らにとって大きな脅威とはならないだろう」

セルティックスがロスターを再編成したのに対し、キャブスもトーマスやデリック・ローズ、ジェイ・クラウダー、ドウェイン・ウェイドらを加え、ロスターの補強に成功した。

果たして両チームの補強はどのような結果を生むのだろうか。

注目の両チームは2017-18シーズン開幕戦でさっそく顔を合わせる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA