サンズ アール・ワトソンHCを解雇

【スポンサーリンク】

再建中のフェニックス・サンズは、ポートランド・トレイルブレイザーズとの開幕戦で48点差という歴史的な大敗を喫すると、今季3試合目のロサンゼルス・クリッパーズ戦も42点差という屈辱的な敗戦を喫した。

同じく再建中のロサンゼルス・レイカーズにも敗れ、多くのサンズファンが落胆する中、チームのフロントオフィスに動きがあったようだ。

ESPNによると、これまでの結果を受け、サンズはアール・ワトソンHCを解雇したという。

オーナーのロバート・サーバーとゼネラルマネージャーのライアン・マクダナーは臨時HCを決めるため、チームのアシスタントコーチ陣と面談しており、現時点ではジェイ・トリアーノACが臨時HCに起用される可能性が高いという。

ワトソンはジェフ・ホーナセックが解雇された2015-16シーズンに臨時HCとしてチームを指揮すると、シーズン終了時に正式にHCに昇格。

だが、サンズを立て直すことはできなかった。

一方、先日「サンズにいたい」と話していたポイントガードのエリック・ブレッドソーは、Twitter上に「ここにいたくない」と投稿。

ファンやフロントオフィスだけでなく、プレイヤーもチームの現状にうんざりしているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA