ケリー・ウーブレ「バスケットボールをするためにここにいる」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールとゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、試合中の乱闘で退場処分を科せられた。

映像を見る限り、ビールが最初にグリーンに手を出したかのように思えるが、両者のトラッシュトークは乱闘前から続いていたという。

一方、ウィザーズのケリー・ウーブレは、ビールが乱闘の原因になったのはないと主張しつつ、次のように振り返った。CBS Sportsが伝えている。

「彼(ビール)はパンチを出してない。攻撃的な試合だった。たくさんのことが起きた。両チームは引き離されて、怪我はなかった」

「乱闘したいなんて誰も思ってない。俺たちはそうするためにここにいるんじゃない。バスケットボールをプレイするためにここにいるんだ」

昨季のプレイオフ、ウーブレはボストン・セルティックスのハードスクリーンに怒り、タックルを見舞うと、1試合の出場停止処分を科せられた。

今回の乱闘を受け、当時のことを思い出したことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA