ジェイ・クラウダー セカンドユニット落ちも「ただ勝ちたい」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは、異なる先発ラインアップを試し、ケミストリーの確認を続けている。

オフシーズン中のトレードでキャブスに加わったジェイ・クラウダーは、先発フォワードのポジションで起用されていたものの、現在はドウェイン・ウェイドと共にセカンドユニットでプレイし、JR・スミスとトリスタン・トンプソンが先発出場している。

ウェイドはセカンドユニットでのプレイを自ら希望したというが、ルーHCの判断で先発落ちしたクラウダーはどう感じているのだろうか。

ルーHCによると、セカンドユニットでの起用を話し合おうとした際、クラウダーは次のように語ったという。ルーHCのコメントをsportingnews.comが伝えている。

「彼はこう言ってたよ。『コーチがやりたいことをやってくれ。俺に何かを説明する必要はないよ。俺はただ勝ちたい。それが最も重要なことさ』とね」

一方、クラウダー本人は先発落ちについて次のように言及した。

「俺は変化を受け入れる。なぜなら、俺たちはまだグルーヴを見つけてないからね。有利にゲームを進めていくための答えを俺たちはまだ探してるところ。だから、チームが俺に求めることならどんなことでも受け入れる。つまり、俺たちは目標に到達しようとしてるところなんだ」

ルーHCはこれまでレブロン・ジェイムス、ケビン・ラブ、トリスタン・トンプソン、ドウェイン・ウェイド、JR・スミス、デリック・ローズ、ホセ・カルデロン、そしてクラウダーを先発起用してきた。

今後しばらくローテーションを試すと予想されるが、早く安定した試合運びを手にしたいところだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA