ロンゾ・ボール「チームが負けた時は責任をとりたい」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズ期待のルーキーポイントガードであるロンゾ・ボールは、まだ20歳という若さにもかかわらず、チームの全責任を負う気構えでプレイしている。

ユタ・ジャズに敗れた後には「すべての責任は俺にある」とし、早くもリーダーとしての資質を見せているボール。

ボールの強い責任感は、父親の教育によるものなのかもしれない。ボールのコメントをESPNが伝えている。

「つまり、自分がどのように育てられたかということなんだ。俺は変わるつもりはない。これはチームゲーム。全員が互いのためにプレイし、チームとして勝ったり負けたりする。ただ、俺たちが負けた時は俺が責任をとりたい」

「父が教えてくれたこと。6歳で(バスケットボールを)始めた時、父は同じ方法で俺を指導してくれたんだ」

「俺はレブロン(・ジェイムス)を見て育った。大好きなプレイヤーなんだ。彼は今でも同じ方法でプレイしてるよね。彼はいつだって責任を引き受けてる」

ボールはよほど厳しい教育を受けて育ったのだろうか。

父親の影響で普通のルーキープレイヤーより重いプレッシャーがかかっているボール。

そのプレッシャーをはねのけ、ショータイムレイカーズを取り戻してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA