サンズのGM エリック・ブレッドソーのトレードについて「最高のオファーがあれば」

【スポンサーリンク】

「これ以上ここにいたくない」

そうツイートしたエリック・ブレッドソーは、すでにフェニックス・サンズと共にいない。

ブレッドソーはサンズのライアン・マクダナーGMに「あのツイートは美容院にいたくないという意味」と釈明したようだが、マクダナーGMはこれを信じず、現在はトレード相手となるチームを探している段階だ。

だが、このトレードが成立するには長い時間が必要となるかもしれない。

マクダナーGMによると、サンズは最高のオファーがあるまで待つ用意があり、トレードをいそぐことはないという。マクダナーGMのコメントをAZCentralが伝えている。

「最高のオファーがあるときはいつでも、我々はトレードを受け入れるよ。現時点での私のコメントや考えは、純粋な推測さ」

サンズはミルウォーキー・バックスにマルコム・ブログドンとのトレードを打診したというが、バックスがこれを嫌い、トレードが成立することはなかった。

その他、複数のチームと交渉を重ねたと噂されたものの、成立してないところを見ると、交渉は難航、もしくは頓挫したのだろう。

このまま長引けば、ブレッドソーは飼い殺し状態となってします。

果たしてこの状態はいつまでつづくのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA