ステフィン・カリー プレイヤーオプションとトレード拒否権を求めるも認められず?

【スポンサーリンク】

2度のMVP受賞を誇るステフィン・カリーはこの夏、ゴールデンステイト・ウォリアーズと5年2億100万ドルのマックス契約を結んだ。

予想通りの契約と言えるが、詳細を見ると、カリーが求めていた契約内容ではなかったのかもしれない。

The Athletic Bay Areaによると、カリーは契約にプレイヤーオプションとトレード拒否権を含めることを求めたものの、ウォリアーズはこれを認めなかったという。

ただ、これは両サイドに確執を生むようなものではない。

現時点でカリーにウォリアーズを離れる考えはなく、ウォリアーズもカリーを放出する考えはない。

ただ、5年という期間は長く、その期間中に何が起きても不思議ではないため、ウォリアーズとしては不測の事態に備えたかったのだろう。

いずれにせよ、カリーはこれからもウォリアーズを牽引するパフォーマンスを続けてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA