エリック・ブレッドソー 「ここにいたくない」ツイートで1万ドルの罰金処分

【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズのエリック・ブレッドソーは今から約2週間前、「これ以上ここにいたくない」とツイートした。

これを受け、サンズはブレッドソーをローテーションから外し、トレード相手となるチームを探し続けている。

ブレッドソーは問題となったツイートについて「ちょうどヘアサロンにいた。フランチャイズじゃなく、ヘアサロンにいたくないという意味だった」とサンズのライアン・マクダナーGMに釈明したというが、マクダナーGMはこれを一蹴。

そして、NBAもブレッドソーの言い訳を信じなかったようだ。

AZ Centralによると、ブレッドソーの「ここにいたくない」ツイートを受け、NBAはブレッドソーに1万ドルの罰金処分を科したという。

ブレッドソーは今週中にサンズの練習施設に復帰し、トレーニングをこなす予定だが、チームに合流する予定はない。

ブレッドソーはオフシーズン中にサンズと契約を結び、12月中旬までトレード対象外となるため、サンズは契約をバイアウトしない限り、12月中旬までコートでプレイすることはないだろう。

なお、マクダナーGMは先日、ブレッドソーの契約はバイアウトせず、トレードで放出する方針を明かした。

ブレッドソーはまだ27歳。

さらなる成長のためにも、早くコートに復帰してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA