ルオル・デン「レイカーズから離れることが唯一の答え」

【スポンサーリンク】

若手中心のチームにシフトチェンジしたロサンゼルス・レイカーズにおいて、ベテランフォワードであるルオル・デンの出場機会は失われてしまった。

2016年夏にレイカーズと4年7200万ドルの契約を結んだデンだが、出場機会を得られない現状に不満を感じ、他チーム移籍を希望しているようだ。

ESPNによると、デンとデンのエージェントはレイカーズのフロントオフィスと話し合いを続けており、トレードもしくは契約バイアウトでレイカーズを離れる方向に進んでいるという。

デンは現状について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「今の俺にとって唯一の答えは、LAから離れて自分自身を証明すること。俺はプレイするよう頼まれてない。ローテーションに入ってないし、ここでは自分自身を証明できないんだ」

「若手のほとんどは、バスケットボールのビジネスを理解してない。俺が毎日起こってたら、彼らから何かを奪ってしまうだろう。だから、俺は笑顔で言わなきゃいけない。俺は最高のムードにしなきゃいけない。なぜなら、彼らはNBAプレイヤーになるという夢の中に生きてるからね」

32歳のデンはまだまだ第一線でプレイできる力があると感じており、他チームで出場機会を得ることを希望している。

昨季終盤からローテーションを外され、ベンチでの観戦が続いているデン。

今後のキャリアのためにも、早く出場機会を得たいところだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA