ジミー・バトラー「勝ってる限りスタッツは気にしない」

【スポンサーリンク】

オフシーズン中のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したジミー・バトラーは、シカゴ・ブルズでプレイした昨季と比較すると平均得点を大きく落としている。

ウルブズにはアンドリュー・ウィギンスやカール・アンソニー・タウンズなどスコアリング能力があるプレイヤーがいるため、バトラーの平均得点が落ちるのも当然だろう。

バトラーもそれを理解しており、平均得点が落ちていることは気にしていないようだ。バトラーのコメントをthe Star Tribuneが伝えている。

「キャリアを通して言ってるように、勝ち続けてる限り自分のスタッツを気にすることはない。勝利がみんなをハッピーにしてくれると思ってるんだ」

一方、トム・ティボドーHCはバトラーの貢献を称え、こう話している。

「我々が彼にスコアリングを求めたら、彼はスコアリングする。プレイメイカーになってもらいたいなら、彼はそうする。彼はチームファーストの姿勢を示してるんだ。それは最も大切なこと。ジミーが『自分のショットを得なかった』、『もっと出場時間が必要だ』と話すことはないだろ?」

「彼は勝利を求めてる。それこそジミーが求めてるものさ。勝ち続けたいなら、チームファーストだ」

ゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れたものの、それまで5連勝と確実に再建しているウルブズ。

ブルズ時代はリーダーシップを疑問視されたものの、ウルブズではリーダーとしてチームを牽引し続けてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA