カーメロ・アンソニー 4連敗のサンダーについて「話し合わないと」

【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック、カーメロ・アンソニー、ポール・ジョージという3人のオールスタープレイヤーを抱えているにも関わらず、オクラホマシティ・サンダーは4連敗と調子を上げることができずにいる。

この現状に、アンソニーは危機感を覚えているようだ。

アンソニーによると、ナゲッツに敗れた後、サンダーは緊急のチームミーティングを実施したという。アンソニーのコメントをthe Norman Transcriptが伝えている。

「話し合わなきゃいけない。現状を見なきゃいけない。率直に話さないといけない。現状にみんなが責任を感じなきゃいけないんだ」

今後気になるのは、ウェストブルックとアンソニーの共存だろう。

サンダーはウェストブルックのドライブをより活かすため、アウトサイドショットを期待してアンソニーを獲得したものの、アンソニーはこれまで同様1on1で攻め込むケースが多い。

ポール・ジョージのオフェンスにも影響が及び始めているため、ビリー・ドノバンHCはボールムーブメントの重要性を説かなければならないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA