エリック・スポエストラHC「スケジュールを改善しようとした」

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートでプレイしたのを最後に現役を引退したレイ・アレンは先日、ヒートでの最終シーズンにおける組織の対応を批判した。

選手たちの疲労を考慮せず、ハードなスケジュールを強いられたと主張したアレンだが、これにエリック・スポエストラHCが反応したようだ。

アレンの指摘を受け、スポエストラHCは次のように応戦。Miami Heraldが伝えている。

「誰も完璧な方法は持ってないと思う。我々は常に改善しようとしてたし、スケジュールにも取り組んでた。我々はチャンピオンシップで勝利できずに終えた。だが、素晴らしいチームだったよ。素晴らしいランだった。それを除外することはできない」

ヒートによると、選手たちの疲労とコンディションを考慮し、シュートアラウンドや練習を制限するよう努めたという。

クリーヴランド・キャバリアーズでレブロン・ジェイムスと再びタッグを組んだドウェイン・ウェイドも、2013-14シーズンのヒートに苦言を呈したが、フロントオフィスとプレイヤーの間の意思疎通がうまくいっていなかったのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA